頭皮の乾燥にはクリームシャンプーがおすすめ!

頭皮の乾燥を防いで保湿をしたいならクリームシャンプーがおすすめです。

クリームシャンプーならではの特徴が頭皮に対して良い効果をもたらしてくれるんですよ。

髪の毛を洗うときには、シャンプーにトリートメント、コンディショナーといった、あらゆる頭皮と髪の毛を綺麗にするアイテムがあります。

クリームシャンプーは、たった1つのアイテムで、何役もこなしてくれますので、髪の毛と頭皮の保湿ケアには最適です。

シャンプーは思い切り泡立ってこそ、頭皮と髪の毛の汚れを落とせるものという、従来の常識があります。

だからクリームなどで、本当に汚れを落として洗えるのかどうか、初めてクリームタイプを使う人には、かなり迷うところです。

ところが思い切って使用をしてみるとクリームであることにはまったくの問題はなく、頭皮の汚れを乾燥を防いで、保湿しながらやさしく落とすことができます。

むしろクリームの持つ、元からのしっとり感が、頭皮から潤いを奪いすぎることがなくなります。

頭皮も保湿されてしっとり健康的になりますし、髪の毛もパサパサになることなく、しっとりと艶やかな健康的な本来の、美しい髪の毛を手に入れることになります。

シャンプーは髪の毛を摩擦して洗うのも、今までのシャンプーの認識として払拭できない部分ですが、クリームタイプは違います。

シャンプーを泡立てて使用する際、毛髪にも頭皮にも摩擦力がかかるので、髪の毛は摩擦で傷みやすく、地肌もうるおいが摩擦で奪われます。

ところがクリームの場合は、地肌にクリームをやさしく馴染ませる使い方です。

髪の毛をまるで優しくブラッシングするように使いますので、地肌にも毛髪に対しても、最小限の摩擦しかかからないです。

クリームタイプという大きな利点を活かして、地肌をソフトにマッサージができます。まるでヘッドスパのように、地肌を健康的な状態に導いてくれます。

下に、おすすめのクリームシャンプーをランキング形式でご紹介していますので参考にしてみてくださいね。

頭皮の乾燥におすすめのクリームシャンプー

    1. 頭皮の乾燥におすすめのシャンプーランキング1位 わたしのきまり

      価格 5.0
      使用感 3.5
      効果 4.0
      価格:
      1,980円(税込)
      容量:
      250g
      ・超濃厚自然派のクリームが頭皮を髪をやさしく洗い上げる
      ・植物系の天然オイルが潤いを与えてツヤとまとまりのある髪に仕上げる
      (エキストラバージンオリーブオイル・アルガンオイル・アーモンドオイル・マカダミアナッツオイル・ヒマワリ種子オイル)
      ・贅沢配合の天然成分が髪にたっぷりの栄養と元気を与える
      (はちみつ・パールエキス・ダマスクローズ・オレンジ果皮)
      ・国産のオーガニックハーブ配合
      (ラベンダー・ローズマリー・レモングラス)
      ・合成着色料不使用
      ・合成界面活性剤不使用
      ・ノンシリコン
      ・自然由来
      ・30日間返金保証あり
      「わたしのきまり」の総評

      髪の毛のツヤがない・毛先の傷みがひどい・・・
      頭皮が乾燥してかゆい・フケが出て困る・・・
      髪のうねりがひどくて毎日ユウウツ・・・

      こんな髪と頭皮のお悩みに全て対応できるのが「わたしのきまり」です。
      泡でごまかさない本物のヘアケアを体験したいあなたにおすすめ。
      1回でも解約OKなのに初回64%オフなのも嬉しい!

      わたしのきまりはアルミパウチ容器なので、最後までムダなくきっちり使い切れるのも◎


    1. 頭皮の乾燥におすすめのシャンプーランキング2位 wen(ウェン)

      価格 5.0
      使用感 3.5
      効果 4.0
      価格:
      3,900円(税込)
      容量:
      480ml
      ・送料無料
      ・界面活性剤不使用
      ・植物由来の保湿成分を配合
      (ローズマリーエキス・カモミールエキスほか)
      ・4種類のフレーバー
      (アーモンド・ラベンダー・ザクロ・キューカンバー)
      ・60日間返金保証あり
      「ウェン(wen)」の総評

      「ウェン」オリジナルのクリーム処方で頭皮の汚れを落として潤いを与えるクリームシャンプー。

      水分をたっぷり含んだクリームが、摩擦による頭皮や髪への負担を抑えながら汚れをしっかり落とし、同時に潤いを与えて健やかに保ちます。

      香りのお好みや髪や頭皮の悩みによって選べる4種類のフレーバーが特徴(アーモンド・ラベンダー・ザクロ・キューカンバー)

      商品詳細を見る


  1. 頭皮の乾燥におすすめのシャンプーランキング3位 kippis(キッピス)

    価格 5.0
    使用感 3.5
    効果 4.0
    価格:
    1,944円(税込)
    容量:
    150g
    ・北欧の植物セラピー発想
    ・フィトケミカル成分を配合
    ・ノンシリコン・無添加処方
    ・3種類のラインナップ
    (カレリアグリーンの香り・スローハーブの香り・オーロラミントの香り)
    「kippis(キッピス)」の総評

    第7の栄養として注目のフィトケミカル成分(コケモモ果実エキスほか)が髪の毛の内部に浸透して髪や頭皮の状態を改善します。

    香りは森をイメージした「カレリアグリーン(清涼感:弱め)」、花をイメージした「スローハーブ(清涼感:ふつう)」、水をイメージした「オーロラミント(清涼感:強め)」の3種類。

    商品詳細を見る

頭皮の乾燥におすすめのシャンプーは「わたしのきまり」

頭皮の乾燥におすすめ商品を3つご紹介しましたが私のおすすめは1位の「わたしのきまり」クリームシャンプーです。

もともと乾燥肌タイプの私は頭皮も乾燥していて、特に秋~冬の頭皮の乾燥には毎年悩まされていました。

毎日丁寧にシャンプーしているのに、ドライヤーで髪を乾かした先から頭皮が乾燥してしまいフケのようなものがポロポロと落ちてくるのですから泣けてきます。

使っていたシャンプーにしても、ドラッグストアやスーパーで売っているようなものではなく、美容院専売の高いシャンプーやオーガニックシャンプーなど、頭皮と髪に良さそうなものを色々と使ってきましたが、頭皮の乾燥は一向に改善されないままでした。

このままでは困る!と思って色々と調べてみた結果、普通のシャンプーではなくて、頭皮を保湿してくれて、必要以上に皮脂を取りすぎないクリームタイプのシャンプーがいいと知って「わたしのきまり」を使ってみることにしたんです。

実際に使ってみたところ、これが大正解!!

シャンプー後にドライヤーでしっかり乾燥させてから、髪の毛を掻き分けて鏡で頭皮をじっくりチェックしてみたのですが、質の良いオイルが贅沢に配合されているせいか、頭皮がしっかりと保湿されて全く乾燥していません。

おまけに、髪の毛もしっとりウルウル・・・♪

乾燥によるフケがでなくなったので、色の濃い服も安心して着られるようになりました^ ^

「わたしのきまり」は、私と同じように頭皮の乾燥にお悩みのかたにぜひ一度試してもらいたいおすすめのクリームシャンプーです。

楽天やAmazonだととっても値段が高いのですが、わたしのきまりは公式サイト限定のキャンペーンとして初回64%オフの1,980円で購入できます。

⇒わたしのきまり公式サイト

1回でも解約できるので、気軽に現品をお試しできちゃいますよ♪

(キャンペーンは予告なく終了する場合があるのでご注意くださいね)

頭皮の乾燥に湯シャンがおすすめできない理由

湯シャン(ノーシャンプー・ノープーなどとも言われています)とは名前の通りシャンプーなどを使うことなく、シャワーから放水される湯だけで洗髪していくことを指すのですが、好評価に感じる方が居る一方でデメリットが気になり途中段階でやめてしまった方も居ます。

デメリットに目を向けてみると色々な点が懸念材料として考えられるようになるのですが、中でも頭髪に付着している汚れや埃が取り除くことができていない印象は大勢の方々に共通しています。

丁寧にブラッシングをしてから洗い始めれば良いのですが、泡によって浮き立たせることができないので、こびり付いているものや絡みついているタイプについては湯シャンだけで落とすのは難しいです。

そのように比較的大きな塵などが取れないという事は、粘度が高くて取り分けて綺麗にするのが難しい皮脂や汗はさらに残ったままになります。

そのため、発汗しない冬場だけ湯シャンにしてデメリットを回避する者も居ますが、実は冬場の汗こそ夏よりも粘性が高いので毛穴の奥深くなどに残り続けてしまい臭いのもとになり得ます。

そして、湯シャンがきっかけとなって本来よりも皮脂量が増幅してしまったと嘆く方も多く、結果的に頭皮から嫌な臭いが強く放たれてしまいます。

また、湯シャンをチャレンジしてからしばらくの間は突出した変化や従来の方法との違いが感じられないものの、およそ1週間後から明らかにベタつくようになる恐れもあります。

べたつくということはそれほど皮膚上に取り除かれなかった老廃物などが溜まり続けているといった裏付けになるので、軽く手で触れただけでも違和感がある上に、見た目もオイリーな様子で不潔感が生じます。

さらに、根本的に湯シャンに向いていない方も存在していて、それは元々フケが出やすかったり身支度の時に整髪料を用いる習慣がある方などです。

体臭に限らず赤みや炎症が引き起こされるリスクもあるので、湯シャンはデメリットもしっかりと理解すべきです。